くらし情報『セルゲイ・ポルーニン出演、女性作家の愛と性の実体験描く『シンプルな情熱』7月公開』

セルゲイ・ポルーニン出演、女性作家の愛と性の実体験描く『シンプルな情熱』7月公開

19歳で英国ロイヤル・バレエ団の史上最年少プリンシパルに選ばれた2年後、人気絶頂の真っ只中で退団を発表。現在は全身にタトゥーをまとう異端のダンサー、そして俳優としての新たなステージを竜巻のごとく席巻中のアーティスト。

エレーヌを演じるのは、『若い女』(2017)でリュミエール賞有望女優賞を受賞した実力派のレティシア・ドッシュ。恋に落ちた瞬間のジェットコースターのような躍動感、片時も離せない携帯電話、他の人との約束を入れたくない予定表、一度しか着ない服や下着、不安になると検索してしまう名前…、そうした恋の高揚感と全身を満たす幸福感、そしてその裏側の痛みまでも繊細かつ大胆な演技で体現する。

監督は長編劇映画デビュー作と第2作で続けてカンヌ国際映画祭監督週間に選出されたダニエル・アービッド。原作のスピリットを忠実に映画化することに成功、本作でも2020年カンヌ国際映画祭に公式選出された。

「骨太で節のあるドラマで、言葉にできない喜び、混乱、哀しみを表現したレティシア・ドッシュの素晴らしい演技が秀逸。感情までが透けて見えるようだ」(Film.list)、「セルゲイ・ポルーニンも、ミステリアスで魅力的。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.