くらし情報『斎藤工×上野樹里で“男性が妊娠する世界”描くコミックをドラマ化「ヒヤマケンタロウの妊娠」Netflixで製作』

2021年4月8日 08:00

斎藤工×上野樹里で“男性が妊娠する世界”描くコミックをドラマ化「ヒヤマケンタロウの妊娠」Netflixで製作

Photo by cinemacafe.net

斎藤工と上野樹里が主演、「もし男性が妊娠したら?」をテーマにした人気コミック「ヒヤマケンタロウの妊娠」をドラマ化。Netflixがテレビ東京と共にオリジナルシリーズとして製作し、2022年に配信することが分かった。

舞台は、男性が妊娠・出産するようになった世界。広告代理店の第一線で仕事をバリバリこなすハイスペック男子の桧山健太郎は、ある日突然、自分が妊娠していることを知る。パートナーの瀬戸亜季も自分が親になることは考えていなかったため、想定外の出来事に最初は戸惑う2人。

“妊娠”したことを告げた日から社内や社会から向けられるまなざし、“妊婦”が体験する苦労を、“妊夫”として向き合う桧山と寄り添い、共に迷う亜季。現代の妊娠・出産にまつわる多くの問題に直面しながらも、ついに2人は「産むか、産まないか」の決断を迫られる。そして、その決断の先にあるものとはーー。

原作は、坂井恵理による同名コミックス(講談社「BE LOVE KC」所載)。「もし男性が妊娠したら?」をテーマに、男女逆転生活やギャップをコミカルに描きながら、“妊娠”をきっかけに表には出てこない社会の様々な問題に直面した主人公が、奮闘しながらも徐々に周囲の人と自分自身を変えていく姿を描いた成長の物語。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.