くらし情報『「世界 本の日」に公開『ブックセラーズ』監督「ポスターに猫を入れたかった」』

2021年4月21日 12:30

「世界 本の日」に公開『ブックセラーズ』監督「ポスターに猫を入れたかった」

Photo by cinemacafe.net

「世界 本の日」である4月23日(金)に公開される映画『ブックセーズ』。世界最大規模のニューヨークブックフェアの裏側から“本を探し、本を売り、本を愛する”ブックセラーの世界を紐解く本作の監督D・W・ヤング監督が今回、ZOOMでのインタビューに応じた。

監督は、ウディ・アレンやハル・ハートリーの映画に欠かせない“インディペンデント映画の女王”と呼ばれた女優パーカー・ポージーや、マーティン・スコセッシのNetflix新作ドキュメンタリーでも有名になった作家フラン・レボウィッツが映画に関わった理由、そして日本の神保町のことや日本版ポスターに登場する猫のことなどを語っている。

■「誰もが変わり者だけど聡明で素晴らしい人物たち」

まず、本作のきっかけについて「ブックセラーであり映画プロデューサーでもあるダン・ウェックスラーから、“ブックフェアに集まるブックセラーと本の映画を作らないか”と話があったんです。僕は若い頃に作家を目指していて、今も本好きで書店が大好きで、ブックフェアにも行っていたので素晴らしいと思いました。また、叔父と叔母が本屋をやっていたという個人的な思い出もあって、この映画は絶対やるべきだと思った」


関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.