くらし情報『パトリック・デンプシー、金融を操る“悪魔”役は「楽しい挑戦」ドラマ「DEVILS」を語る』

2021年4月22日 19:00

パトリック・デンプシー、金融を操る“悪魔”役は「楽しい挑戦」ドラマ「DEVILS」を語る

Photo by cinemacafe.net

「グレイズ・アナトミー」のデレク・シェパード役でブレイクしたパトリック・デンプシーが出演する海外ドラマ「DEVILS~金融の悪魔~」が、本日4月23日(金)より配信スタート。大手投資銀行のCEOという、かつてない役柄に挑んだ彼が、本作について語った。

本作は、イタリア出身の株式トレーダーが2008年のリーマン・ショックからインスピレーションを得て執筆し、大ヒットした小説のドラマ化。実際の金融危機や汚職事件がストーリーに織り込まれているほか、当時のニュース映像が組み合わさった真に迫る描写が見どころとなっている。

そんな本作で、大手投資銀行のCEOであるドミニク・モーガンを演じるデンプシー。今回解禁となった映像で彼は、その役どころについて「彼は支配欲の塊なんだ。慎重で明確な目標を持つ。もう富には興味がなくて優先事項は支配と権力だ。目標は世界をリードすることだよ。だから銀行や組織を管理下に置くことは発展上の通過点だ」と、ただ者ではない人物像であることに言及する。

米・医療ドラマ「グレイズ・アナトミー」をはじめ、『近距離恋愛』『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』などのイメージが強かった彼が、強欲なCEOをダークな表情で演じており、「過去に演じた役柄とはまったく異なるんだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.