くらし情報『瀬戸あゆみが語る、クリエイティブを刺激する珠玉の映画たち』

2021年4月30日 16:00

瀬戸あゆみが語る、クリエイティブを刺激する珠玉の映画たち

Photo by cinemacafe.net

『ゴーストワールド』主人公・イーニドの黒縁眼鏡、『アニー・ホール』のマニッシュなファッション…映画のキャラクターからインスピレーションを受け、コーディネートを決めた経験はないだろうか。名作映画にはファッションのヒントもたくさん詰まっている。

自身も大の映画好きで、ファッションブランド「Dear Sisterhood」を手掛ける瀬戸あゆみさんに、瀬戸さんにとってのファッション・アイコンとなるキャラクターや、好きな映画について話を聞いた。

ー映画作品などからインスピレーションを受けて、ファッションコーディネートを決めることはありますか? また、ご自身にとってファッション・アイコンとなる映画作品のキャラクターがいれば教えてください。

『ルビー・スパークス』のルビーのような赤髪ロング。

『あの頃ペニー・レインと』のペニーのようなボヘミアンルック。

『ベティ・ブルー』のベティのようなデニムのオーバーオールルック。

『パリ、テキサス』のジェーンのような赤のモヘアニット。

ー自分を形成する1本だと思える映画作品を教えてください、またその理由も教えてください。

『プリティ・イン・ピンク/恋人たちの街角』

主人公の、貧しい家に生まれた環境や意地悪な学校のみんななど、逆境に負けずに自分のおしゃれを貫く姿が最高にかっこいい。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.