くらし情報『30年以上前の“青春時代”がそのまま蘇る『海辺の家族たち』貴重な本編映像』

2021年5月14日 12:40

30年以上前の“青春時代”がそのまま蘇る『海辺の家族たち』貴重な本編映像

Photo by cinemacafe.net

“フランスのケン・ローチ”と称えられるロベール・ゲディギャン監督の集大成『海辺の家族たち』。マルセイユ近郊の小さな港町を舞台に、漂着した難民の子どもたちをはじめ人生を変える出会いを描いた本作から、3人兄妹の貴重な青春時代シーンの本編映像が解禁となった。

この度解禁された本編映像では、3人兄妹に父親を加えた4人の若かりし頃の映像が切り取られている。車に乗り込み、窓を開け放して音楽を流しながら楽しそうにはしゃぎながら海への道を走る4人。

港に到着した4人は、ふざけ合って次々にお互いを海の中へと突き落としていく。最終的には全員海の中へと飛び込み、楽しそうに遊ぶ4人の若い姿が眩しく目に映る。


なんとこのシーン、各俳優にそっくりの若い俳優が回想シーンを演じている訳ではなく、正真正銘、30年以上前に本人たちが演じた映像。ゲディギャン監督の『Ki lo sa?』という、1986年に製作された作品(日本未公開)から抜き出された映像で、地元フランス・マルセイユで同じ俳優を使って長年映画を撮り続けてきた監督ならではの貴重な映像となっている。

『海辺の家族たち』はキノシネマ横浜みなとみらい・立川・天神ほか全国にて順次公開中。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.