くらし情報『バラが咲き誇る季節に公開!フランスと日本の2作品、主演の魅力を監督が語る』

2021年5月29日 14:00

バラが咲き誇る季節に公開!フランスと日本の2作品、主演の魅力を監督が語る

Photo by cinemacafe.net

フランスが誇る大女優カトリーヌ・フロが主演する逆転サクセス・ストーリー『ローズメイカー 奇跡のバラ』と、2019年にデビュー50周年を迎えた由紀さおりが映画初主演を務める心温まるストーリー『ブルーヘブンを君に』。

バラが咲き誇る季節に公開されるフランス・日本で製作された2作品に共通することとは?それぞれの主演カトリーヌ・フロと由紀さおりの魅力を、監督たちが語った。

ピエール・ピノー監督「自然な演技ができる大女優が必要だった」

フランスで最も栄誉あるセザール賞に10度ノミネート、『偉大なるマルグリット』などで見事に2度受賞し、大ヒット作『大統領の料理人』でも知られる国民的大女優のカトリーヌ・フロ。色、形、香りと、究極の美を追求する本物のプロフェッショナルを、ユーモアと情熱を込めて演じきった。

「カトリーヌ・フロは私の中の第一候補でした!“フランス的”なオーラを体現できる女優が欲しかったのです。優雅さ、声や個性、海外での評判、どれをとってもまさにカトリーヌは完璧でした」とピノー監督。「そしてドラマチックなシーンでもコミカルなシーンでも、自然な演技ができる大女優が必要だったのです。とても難しい役柄ですから。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.