くらし情報『『ノルウェイの森』から『ドライブ・マイ・カー』まで…いま読みたい、観たい“村上春樹作品”』

2021年8月2日 12:30

『ノルウェイの森』から『ドライブ・マイ・カー』まで…いま読みたい、観たい“村上春樹作品”

Photo by cinemacafe.net

第74回カンヌ国際映画祭コンペティション部門で日本映画史上初となる脚本賞ほか全4冠に輝いた濱口竜介監督最新作『ドライブ・マイ・カー』。この度、主人公・家福(西島秀俊)の専属ドライバーを務めるみさき(三浦透子)が本を読む姿を捉えた劇中写真が解禁。この印象的なシーンにちなみ、「今こそ読みたい、観たい“村上春樹作品”」に着目した。

国内外で熱狂的なファンを持つ村上春樹作品。これまで、50以上の言語で翻訳され、「ドライブ・マイ・カー」を含む9作品が映画化されている。さらに今年10月1日には、日本を代表する建築家・隈研吾氏による「国際文学館(村上春樹ライブラリー)」も母校・早稲田大学のキャンパス内に開館を予定するなど、注目を集めている。そんな国内外で高く評価を受ける村上作品の映画化作品も傑作揃いだ。

『ノルウェイの森』(2010/トラン・アン・ユン監督)

1987年の発表当時、空前の世界的ベストセラーとなった村上春樹長編5作目。物語は、37歳のワタナベが「ザ・ビートルズ」の「ノルウェイの森」を聴き、学生時代を回想するところから始まる。学生時代の親友の自殺を受け、心に傷を抱えたままのワタナベと、当時親友の彼女だった直子が大学生になって再会しデートを重ねるが、20歳の誕生日を迎えた後、直子は姿を消す――。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.