くらし情報『高畑充希「母校みたいな感覚」モギりを務めた映画館・朝日座で凱旋イベント『浜の朝日の嘘つきどもと』』

2021年8月12日 15:30

高畑充希「母校みたいな感覚」モギりを務めた映画館・朝日座で凱旋イベント『浜の朝日の嘘つきどもと』

Photo by cinemacafe.net


高畑充希と『ロマンスドール』『百万円と苦虫女』などのタナダユキ監督がタッグを組んだ映画『浜の朝日の嘘つきどもと』。8月11日(水)、本作の舞台となった福島県・南相馬の映画館「朝日座」にて凱旋イベントが行われ、主演の高畑さんと、大久保佳代子、佐野弘樹、そしてタナダ監督が登壇した。

昨年夏の撮影以来、1年ぶりに「朝日座」へ凱旋したキャスト・監督一同。高畑さんは、「一年前、夏の暑い時期に朝日座で撮影して以来、久々に来ましたが、変わらず朝日座がどっしり存在していて、自分が1年前に戻った気がしてノスタルジックな感覚です。朝日座は少し【母校】みたいな感覚があって、入った瞬間に(撮影中のことを)思い出すところがあるので、今日戻って来れて嬉しいです」と回想。タナダ監督は「映画を作り終えた後に、ここでイベントがやれたらいいな、と思っていました。変わらずに朝日座が存在してくれているということは、朝日座を守っている人がいる、ということ。それが嬉しいです」と話した。

高畑充希「母校みたいな感覚」モギりを務めた映画館・朝日座で凱旋イベント『浜の朝日の嘘つきどもと』

一方、柳家喬太郎師匠演じる「朝日座」館主・森田保造と言い合うシーンで朝日座を訪れた大久保さんは、朝日座について「夕暮れが差し掛かってきた頃、外の待合室にいた時に、そこから見る朝日座の外観が『わー頑張って立ってるな、がんばれ!』と(応援したくなる)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.