くらし情報『ソル・ギョング×ピョン・ヨハン、水墨画のような映像美で描く『茲山魚譜-チャサンオボ-』公開』

2021年8月26日 12:00

ソル・ギョング×ピョン・ヨハン、水墨画のような映像美で描く『茲山魚譜-チャサンオボ-』公開

Photo by cinemacafe.net


韓国で今年3月末に公開されると、現地でも大ヒットしていた『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』『ゴジラVSコング』を抜いて1位を記録(※)、第57回百想芸術大賞では映画部門・大賞を受賞した韓国映画『茲山魚譜-チャサンオボ-』が、11月19日(金)よりシネマート新宿ほか全国で順次公開されることが決定した。

舞台は、キリスト教が迫害されていた19世紀初頭の朝鮮時代。熱心な教徒だった天才学者・丁若銓(チョン・ヤクチョン)は最果ての島に流刑になる。しかしそこには、豊かな海と自然、そして素朴な人々との出会いがあった。次第に海の生物たちの魅力にとりつかれ、庶民のための“海洋学書”を書き記したい欲望が生まれていく。そして島民の誰より海の生物に詳しい若き漁夫・昌大(チャンデ)と出会い、やがて2人は互いに師となり友となるが…。

日本でも渋沢栄一の孫、敬三が翻訳版の出版を志した、韓国で有名な海洋生物学書である「茲山魚譜(チャサンオボ)」。本作は、本に記された史実を基に師弟関係の行く末を描いたヒューマンドラマ。

実在した学者、丁若銓(チョン・ヤクチョン)を演じたのは、『悪の偶像』『君の誕生日』などで近年も勢力的に活躍、本作が初時代劇となるソル・ギョング。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.