くらし情報『ジェイク・ギレンホール&アントワーン・フークア監督が6年ぶりに再タッグ『The Guilty』のティザー動画公開』

2021年8月30日 14:30

ジェイク・ギレンホール&アントワーン・フークア監督が6年ぶりに再タッグ『The Guilty』のティザー動画公開

Photo by cinemacafe.net


『サウスポー』のジェイク・ギレンホール&アントワーン・フークア監督が、6年ぶりに『The Guilty』(原題)で再タッグを組んだ。

今作は、第91回アカデミー賞外国語映画賞(現・国際長編映画賞)のショートリスト入りを果たしたデンマーク・スリラー『THE GUILTY/ギルティ』のリメイク作品。オリジナル版を監督したグスタフ・モーラーが、製作総指揮として参加している。キャストはジェイクのほか、イーサン・ホーク、ピーター・サースガード、ライリー・キーオらが出演。来月、トロント国際映画祭にて世界初上映され、10月1日にNetflixで配信開始となる。


このたび、Netflixから公式ティザー動画が公開された。動画はジェイク演じる911の通信指令係ジョーと、何者かに拉致されて車のトランクに閉じ込められているという女性の会話が収められている。画面には2人の会話が文字となって表れるだけで、人の姿は一切映らない。途中、女性を拉致したと思われる男性の声も聞こえてくる。女性によれば、男性は彼女が警察に通報しているとは知らないという。そして通話は突然切れ、ジョーは動揺するのだった…。

動画のコメント欄には「たいていのリメイク版はオリジナル版を超えられないものだけれど、主演がジェイクなのと製作陣を見ると期待できそう!」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.