くらし情報『吉田鋼太郎、初めて小栗旬の“父”役に「演じ甲斐のある役どころ」日曜劇場「日本沈没」』

2021年9月19日 12:00

吉田鋼太郎、初めて小栗旬の“父”役に「演じ甲斐のある役どころ」日曜劇場「日本沈没」

Photo by cinemacafe.net


吉田鋼太郎がTBS新日曜劇場「日本沈没―希望のひと―」に、小栗旬演じる主人公・天海啓示の父役で出演することが決定した。

小松左京による不朽の名作「日本沈没」を、刊行から48年の時を経て、原作に大きくアレンジを加えて新たにお届けする今作。原作でも描かれていた“環境問題”を、2021年バージョンとして下剤に照らし合わせて鮮明に描き出す。

さらに、主人公を含め登場人物をオリジナルキャラクターにすることで、2023年の東京を舞台にした、いまだからこそ描くべき物語を展開。沈没という目に見えない危機が迫る中で「見出していく希望」をテーマに描いていく。

吉田鋼太郎、初めて小栗旬の“父”役に「演じ甲斐のある役どころ」日曜劇場「日本沈没」

今回、吉田さんが演じる啓示(小栗さん)の父・天海衛は、啓示が官僚を目指すことになったきっかけに大きく関わる人物で、啓示のキャラクターを語る上で切り離すことができない役どころ。物語の中でも重要な意味を持つことになっていく。

吉田さんは劇団四季に6か月在団後、1997年に演出家・栗田芳宏と共に劇団AUNを結成、演出も手がける。また、蜷川幸雄が手がけた作品に多数出演し、2016年10月には蜷川幸雄の後継として「彩の国シェイクスピア・シリーズ」の2代目芸術監督に就任。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.