くらし情報『『キャンディマン』は鬼才ジョーダン・ピール×アメコミ作品の“重要人物”がタッグ』

2021年9月20日 18:00

『キャンディマン』は鬼才ジョーダン・ピール×アメコミ作品の“重要人物”がタッグ

Photo by cinemacafe.net


1992年に公開された、凶悪な殺人鬼による忌まわしき都市伝説を描いたカルトホラーを、『ゲット・アウト』『アス』で高い評価を得た鬼才ジョーダン・ピールが現代へと語り継ぐ『キャンディマン』が10月15日(金)より日本公開。本作には、『ザ・マーベルズ/The Marvels』(原題)の監督や、新ヒーローと噂のキャラクターやヴィランが勢揃い!超豪華スタッフ&キャスト陣を紹介する。

『ゲット・アウト』(17)で2018年アカデミー賞脚本賞を受賞し、『アス』(19)でも高い評価を得たジョーダン・ピールが製作・脚本を務めるということから大きな注目を集めている本作。ピールのもとに集ったスタッフ・キャスト陣にも、錚々たる面々が勢揃いしている。

『キャンディマン』は鬼才ジョーダン・ピール×アメコミ作品の“重要人物”がタッグ

まず、ピールが監督に適任として声をかけたのは、マーベル・シネマティック・ユニバースの大ヒット作『キャプテン・マーベル』(19)の続編『ザ・マーベルズ』の監督に大抜擢されたことで話題のニア・ダコスタ。ピールを始めとする製作陣は、ダコスタ初の長編作『ヘヴィ・ドライヴ』(18)でテッサ・トンプソンとリリー・ジェームズ演じる主人公姉妹の人間ドラマとアメリカの社会問題をシームレスに描かれていたことに感銘を受け、監督をオファーすることを決意。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.