くらし情報『事件に立ち向かう保健省大臣にも密着『コレクティブ 国家の嘘』スリリングな日本版予告』

2021年9月22日 19:00

事件に立ち向かう保健省大臣にも密着『コレクティブ 国家の嘘』スリリングな日本版予告

Photo by cinemacafe.net


命よりも利益や効率が優先された果てに起こった国家を揺るがす巨大医療汚職事件の闇と、それと対峙する市民やジャーナリスト達を追い、本年度アカデミー賞で国際長編映画賞・長編ドキュメンタリー賞の2部門にノミネートされた話題のルーマニア映画『コレクティブ 国家の嘘』より、日本版予告編が解禁された。

この度解禁された予告編は、火災当時27名だった死者数が、最終的には火災から3か月で64名にまで膨れ上がったところから始まる。いち早く取材を始めた地元のスポーツ紙「ガゼタ・スポルトゥリロル」に寄せられた関係者の内部告発により、死因が火災時のやけどではなく感染症であることが明らかになる決定的瞬間や、記者が諜報部から“家族もいるだろ、気をつけろ”と脅迫めいた言葉を投げかけられたことを告げる場面など、カメラはスリリングな場面を次々と捉えていく。


また公文書の偽造疑惑に対してまともに答えようとしない大臣に対し、懸命に食い下がる記者達の姿。そして映画の後半から登場するのが、新たに誕生した正義感あふれる保健省大臣。カメラは、事件に関わる政策を管轄する大臣として、腐敗の中枢でもある政府の中から事件に立ち向かう現職大臣にも密着していく。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.