くらし情報『ダニエル・クレイグ「本当に最後」…宿敵演じたラミ・マレックと日本独占2ショット映像』

2021年9月25日 13:00

ダニエル・クレイグ「本当に最後」…宿敵演じたラミ・マレックと日本独占2ショット映像

Photo by cinemacafe.net


『007/カジノ・ロワイヤル』でジェームズ・ボンド役に抜擢されて以来、誰もが知る世界的なヒーローを演じるプレッシャーをはねのけてきたダニエル・クレイグが主演する『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』。この度、最後の敵であり最凶の悪役となるサフィンを演じたラミ・マレックとの2ショット日本独占ロングインタビュー映像が到着した。

ダニエル・クレイグ「人生そのもの、キャリア、何もかもが一変した作品」
ダニエル・クレイグ「本当に最後」…宿敵演じたラミ・マレックと日本独占2ショット映像

本作への出演に対し「本作で最後だよ」と語るダニエル・クレイグは、2006年に公開した『007/カジノ・ロワイヤル』 から本作まで、5作にわたってジェームズ・ボンドを演じてきた。彼の俳優としての長いキャリアの中で『007』に出演したことにより、人生にどんな影響があったのだろう。「話すと長くなる。とてもじゃないが時間が足りないよ。あまりにも(影響が)大きくて言葉にできない。人生そのものも、キャリアに関する何もかもが一変した作品だ」と、ひと言では表せない深い思いがあるということを語る。

最後の敵であり最凶の悪となる、サフィン
ダニエル・クレイグ「本当に最後」…宿敵演じたラミ・マレックと日本独占2ショット映像

そんなダニエル演じるボンドの前に立ち塞がるのは、シリーズ史上最も危険でミステリアスな男・サフィン。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.