くらし情報『“ジャンル・ブレンダー”な恐怖写し出す『マリグナント 狂暴な悪夢』新場面写真&メイキング写真』

2021年10月15日 17:00

“ジャンル・ブレンダー”な恐怖写し出す『マリグナント 狂暴な悪夢』新場面写真&メイキング写真

Photo by cinemacafe.net


『死霊館』ユニバースの生みの親で、『ソウ』や『インシディアス』シリーズなど数々の傑作ホラーを手掛けてきたジェームズ・ワンが贈る、完全オリジナルの新作ホラー『マリグナント 狂暴な悪夢』より、新場面写真とメイキング写真が解禁となった。

ジェームズ・ワンは、初めて単独でメガホンをとった『SAW ソウ』でソリッド・シチュエーション・スリラーというジャンルを確立し、監督2作目の『デッド・サイレンス』でミステリーオカルトホラーを開拓した後、日常生活に深く根差した心霊描写が光る『インシディアス』シリーズでは、リアルさにこだわった「恐怖」を見せつけた。実在する心霊事件と幽霊ハンターを描く『死霊館』シリーズでは、舞台である70年代の時代性を表現するにあたり、ズームショットを多用し、観客に「霊の居場所」と「気配」を常に意識させる、空間性のある「恐怖」で新しい“心霊実話”映画を誕生させた。

そんな異才ジェームズ・ワンが次に仕掛ける『マリグナント 狂暴な悪夢』は、監督として実に10作品目の節目となる極上のオリジナル作品。ホラー、サスペンス、アクションとこれまで数々のジャンル映画で成功を収めてきたジェームズ・ワンが誰も観たことがない新次元の恐怖に挑んだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.