くらし情報『アフタヌーン・ ティー文化の始まりも!英ドラマ「ベルグレービア」原作者ジュリアン・フェローズ語る』

2021年10月20日 16:00

アフタヌーン・ ティー文化の始まりも!英ドラマ「ベルグレービア」原作者ジュリアン・フェローズ語る

Photo by cinemacafe.net


大人気英国ドラマ「ダウントン・アビー」の製作陣が再結集し、25年に及ぶ愛にまつわる秘密と複雑な人間模様を描いたコスチューム・ドラマ「ベルグレービア 秘密だらけの邸宅街」。この度、本作の原作・脚本を担当し、「ダウントン・アビー」クリエイターとしても知られるジュリアン・フェローズのロングインタビュー映像が初公開された。

映画『最後の決闘裁判』や「ザ・クラウン」ほか、「ダウントン・アビー」にも出演したハリエット・ウォルター、「チェルノブイリ」のポール・リッターなど海外ドラマファンにはお馴染みのキャスト陣、さらに映画『アーミー・オブ・ザ・デッド』のエラ・パーネルらが集結した本作。“超”高級住宅街として知られる“ベルグレービア”を舞台に、新興一族と由緒正しき伯爵家の切っても切れない秘密の関係が描かれる。


まず、フェローズは本作のストーリーについて、「1815年に始まる前日譚がありそこからストーリーが発展していく。一方でミステリー要素や、驚きの事実が明かされる意外性もあるし、男女の主役を中心とした伝統的ドラマでもある」と紹介。

アフタヌーン・ ティー文化の始まりも!英ドラマ「ベルグレービア」原作者ジュリアン・フェローズ語る

時代背景については、「ドラマでは時代が1815年から1842年に変わる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.