くらし情報『ジャネール・モネイ「黒人女性への敬意こそ決め手」『アンテベラム』で映画初主演』

2021年10月27日 12:30

ジャネール・モネイ「黒人女性への敬意こそ決め手」『アンテベラム』で映画初主演

Photo by cinemacafe.net


『ゲット・アウト』『アス』のプロデューサーが新たに放つパラドックス・スリラー『アンテベラム』。この度、本作で映画初主演を飾ったジャネール・モネイの特別インタビュー映像が解禁された。

公私共に順風満帆の日々を送っていた主人公ヴェロニカはある日、突如として奈落の底に突き落とされる。それは外界と隔絶した極限状況下に囚われているエデンという女性をめぐるアナザーストーリー。とある広大なプランテーションの綿花畑で重労働を強いられているエデンは、あらゆる自由を剥奪された奴隷の身だ。

恐怖のパラドックスからの脱出を図るヴェロニカとエデンという2人の女性を1人で演じ分けたのが、グラミー賞ノミネート常連のR&Bシンガーであるジャネール・モネイ。スクリーンデビューを飾ったのは、全米賞レースを沸かせた『ムーンライト』で、その演技が絶賛された以降も『ドリーム』『ハリエット』とコンスタントに映画に出演してきた彼女が、ついに本作で映画初主演を飾った。

ジャネール・モネイ「黒人女性への敬意こそ決め手」『アンテベラム』で映画初主演

1985年生まれのモネイが最初に脚光を浴びたのは、人気ヒップホップデュオ「OutKast」のビッグ・ボーイに見出され、2007年にソロ歌手としてデビューを果たしたとき。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.