くらし情報『永瀬廉、NHKドラマ初主演「わげもん~長崎通訳異聞~」放送決定!コメントも到着』

2021年10月28日 14:15

永瀬廉、NHKドラマ初主演「わげもん~長崎通訳異聞~」放送決定!コメントも到着

Photo by cinemacafe.net


「King&Prince」の永瀬廉主演のNHKドラマ「わげもん~長崎通訳異聞~」が、来年1月8日(土)から放送されることが決定した。

本作は、江戸時代末期の長崎を舞台に通訳者の青年が活躍する時代劇。

主演の永瀬さんは連続テレビ小説「おかえりモネ」での好演も記憶に新しい。NHKドラマ初主演の時代劇で新境地に挑む。脚本の宮村優子と制作統括の内田ゆきは「アシガール」のコンビ。再タッグで新たな青春時代劇を作り上げる。

江戸時代、西洋への唯一の窓口となり、いわば国際都市として栄えた長崎。出島に出入りし、オランダとの交易を通訳として支えてきたオランダ通詞(通訳者=わげもん)たちは、政治的な交渉にも立ち会い、情報収集にあたるプロフェッショナル集団だった。嘉永2年(1849)。ペリーの黒船来航まで、残すところ4年。オランダ以外の西洋列強、アメリカ、イギリスなど諸外国の影が年々色濃くなり、長崎は波乱の時代を迎えていた。通詞たちには「早急に英語を学べ!」の大号令が下される。そんな長崎に、通詞だった父の失踪の謎を追って青年・伊嶋壮多(永瀬廉)が江戸からやってくる。たぐいまれな語学センスと好奇心を持つ壮多は、名通詞・森山栄之助の英語塾で学ぶことになる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.