くらし情報『『ハウス・オブ・グッチ』に“リアル”グッチ・ファミリーが不快感…法的措置も示唆?』

2021年11月30日 18:40

『ハウス・オブ・グッチ』に“リアル”グッチ・ファミリーが不快感…法的措置も示唆?

Photo by cinemacafe.net


世界的有名ブランド「グッチ」創業者一族の殺人事件について描いたリドリー・スコット監督&レディー・ガガ主演作『ハウス・オブ・グッチ』に対し、グッチ・ファミリーこと故アルド・グッチ(同作ではアル・パチーノが演じている)の相続人たちが不快感を示した。

「The Hollywood Reporter」によると、グッチ・ファミリーはスコット監督やプロデューサーたちが彼らに相談することなく映画を作ったと批判。そのために劇中で彼らが「悪党、無知、配慮のない人物」として描かれており、物語が「事実からかけ離れすぎている」と主張。最も不快に思うこととして、マウリツィオ・グッチ(アダム・ドライバー)の殺害を主導した元妻のパトリツィア・レッジアーニ(ガガ)が、男性優越主義の企業文化の中で生き抜こうとした犠牲者のように描かれていることを挙げている。映画の舞台となっている1980年代には、グッチの一族であろうとなかろうと、「グッチには複数の重役の女性がいました」として反論している。

「グッチ・ファミリーのメンバーたちは、彼らの名前、イメージ、愛する人を守るための行動を起こす権利を留保している」として、法的措置を取ることも示唆している。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.