くらし情報『ヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世、製作会社を設立 Netflixとパートナー契約結ぶ』

2021年12月1日 12:50

ヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世、製作会社を設立 Netflixとパートナー契約結ぶ

Photo by cinemacafe.net


『アクアマン』シリーズ、『キャンディマン』のヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世が、製作会社「House Eleven10」を立ち上げたことがわかった。「Variety」誌が報じた。

ヤーヤと「House Eleven10」はNetflixと契約を結んで映画を製作し、ヤーヤは主演することになるという。ヤーヤは「世界観に魂がこもっていて、キャラクターが生き生きとしている映画やドラマを作りたい。バリエーション豊かな物語の世界、すべてのジャンルを通して、魅了されるもの、人間味あふれるものを作り出すためのクリエイティヴなプロセスを用いたいです」と意気込みを語っている。

ヤーヤとNetflixの関係は、バズ・ラーマンが手がけた「ゲットダウン」(2016)へのヤーヤの出演からスタート。その後、ヤーヤはNetflixの作品に「ブラック・ミラー」『ファースト・マッチ』『シカゴ7裁判』とコンスタントに出演している。

Netflixの重役テンド・ナジェンダは「ヤーヤには素晴らしく、輝かしい才能があります。私たちは幸運にも彼のキャリアの初めから一緒に働くことができました。これから『House Eleven10』を通じて彼とクリエイティヴなコラボを続けていくことが楽しみです」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.