くらし情報『豊川悦司「しょうもない喋りをひたすら楽しむ」新感覚の刑事ドラマ「No Activity」を語る』

2021年12月5日 12:00

豊川悦司「しょうもない喋りをひたすら楽しむ」新感覚の刑事ドラマ「No Activity」を語る

Photo by cinemacafe.net


豊川悦司と中村倫也が共演、脚本はじろう(シソンヌ)、英勉がメガホンをとるAmazon Original連続ドラマ「No Activity/本日も異状なし」。2人の人気俳優がバディとなる本作では、なんでもアリなお喋りを延々と繰り広げていく。豊川さんは本作について、個性あふれる登場人物たちが見せるくだらない会話に注目してほしいと語った。

本作は、オーストラリアで大ヒットしたコメディドラマ「No Activity」を豪華なキャスト・スタッフ陣を迎え日本版としてリメイク。麻薬取引の張り込み捜査現場を舞台に、ひと癖もふた癖もある登場人物たちがそれぞれありえない展開をみせる、シュールで笑える新感覚のドタバタ刑事ドラマだ。

豊川悦司「しょうもない喋りをひたすら楽しむ」新感覚の刑事ドラマ「No Activity」を語る

「シソンヌ」じろうが脚本を手掛け、ユニークな会話の数々と共に、物語は予想外の展開を見せる。そんな本作で主人公を務めるのは、映画『犯人に告ぐ』(07)やテレビドラマ「逃亡者」(20)などのスリリングでシリアスな刑事もので鬼気迫る敏腕刑事役を演じてきた豊川さん。

豊川さんは今回、大規模な麻薬取引の張り込み捜査中にも悪びれず仕事をサボったり、バディを組む新人刑事の椎名(中村さん)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.