くらし情報『『声もなく』ユ・アインが選んだ新人女性監督からメッセージ「日本の映画とアニメをたくさん観て成長した」』

2021年12月24日 11:50

『声もなく』ユ・アインが選んだ新人女性監督からメッセージ「日本の映画とアニメをたくさん観て成長した」

Photo by cinemacafe.net


ユ・アインが主演を務め、アジア・フィルム・アワードで主演男優賞、新人監督賞の2冠に輝くなど、各映画賞を席巻中の『声もなく』から、ホン・ウィジョン監督のメッセージ動画が到着した。

世界が注目する韓国映画界において、若手の筆頭株として知られるユ・アインが、無名の新人監督の低予算オリジナル脚本作品に出演したことが韓国公開前から大きな話題となっていた本作。

『声もなく』ユ・アインが選んだ新人女性監督からメッセージ「日本の映画とアニメをたくさん観て成長した」

自身のオリジナル脚本によって監督デビューをはたした1982年生まれのホン・ウィジョンは、犯罪映画の常識を覆すユニークな演出と個性的なキャラクター描写で、切なさとアイロニーの入り混じるサスペンス映画を作り上げ、青龍賞と釜日映画賞、アジア・フィルム・アワードで新人監督賞を受賞。さらに百想芸術大賞では新人の枠を超え監督賞を受賞。ホン監督は、社会性とエンターテインメント性を見事に融合させた脚本も高く評価されている。


今回ホン・ウィジョン監督はメッセージ動画の中で、「日本の映画と日本のアニメをたくさん観て成長しました。日本で公開されるのは大変光栄です」と日本公開への喜びを語っている。

ポン・ジュノ監督を筆頭に著名人からコメントも到着
『声もなく』ユ・アインが選んだ新人女性監督からメッセージ「日本の映画とアニメをたくさん観て成長した」

本作は、「期せずして誘拐犯になってしまった男」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.