くらし情報『ビリー・バンバン新曲『映画ドラえもん』の挿入歌に決定、“兄弟愛”がテーマ』

2022年1月17日 13:30

ビリー・バンバン新曲『映画ドラえもん』の挿入歌に決定、“兄弟愛”がテーマ

Photo by cinemacafe.net


小さな友だちと、大きな宇宙を守るため、ドラえもんたちが新たな大冒険へと出かける『映画ドラえもん のび太の宇宙小戦争 2021』。この度、本作の挿入歌を「ビリー・バンバン」が担当することが決定した。

本作は、1985年公開の『映画ドラえもん のび太の宇宙小戦争』を、新たな脚本と現代の技術を駆使した3DCGで描く、『映画ドラえもん』シリーズ最新作。

ビリー・バンバン新曲『映画ドラえもん』の挿入歌に決定、“兄弟愛”がテーマ

主題歌は、「Official髭男dism」による書き下ろし楽曲「Universe」に決定しているが、今回新たに分かったのは、本作の挿入歌。担当する「ビリー・バンバン」は、菅原孝、菅原進から成る兄弟フォークデュオで、「さよならをするために」「また君に恋してる」などが有名。

ビリー・バンバン新曲『映画ドラえもん』の挿入歌に決定、“兄弟愛”がテーマ
「ビリー・バンバン」
今回の挿入歌のタイトルは、「ココロありがとう」。新曲となっている同楽曲は、“兄弟愛”がテーマだ。映画でドラえもんとのび太を兄弟と見立て、「ビリー・バンバン」にオーバーラップさせ、菅原兄弟の織り成すクリスタルボイスによって誕生。

挿入歌起用に菅原孝さんは「心より嬉しいです。孫に自慢できる(笑)」と喜び、菅原進さんも「本当に光栄です。兄弟で喧嘩しながらもここまで続けてきて良かった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.