くらし情報『常盤貴子、“女性にとって世界最悪の場所”を「知ってほしい」語りを担当する『ムクウェゲ』予告編』

2022年1月19日 17:30

常盤貴子、“女性にとって世界最悪の場所”を「知ってほしい」語りを担当する『ムクウェゲ』予告編

Photo by cinemacafe.net


アフリカ・コンゴ民主共和国で、性暴力によって傷ついた女性たちを治療し続けてきた医師を追うドキュメンタリー映画『ムクウェゲ「女性にとって世界最悪の場所」で闘う医師』。この度、ナレーションを務める常盤貴子の語りが入った予告編が完成した。

「女性にとって世界最悪の場所」と呼ばれているコンゴ民主共和国東部。内戦が続いたその地で、武装勢力による性暴力によって肉体的、精神的に傷ついた女性たちを20年以上にわたって無償で治療してきたのが婦人科医のデニ・ムクウェゲ。2018年、その長年の活動にノーベル平和賞が授与された。

常盤貴子、“女性にとって世界最悪の場所”を「知ってほしい」語りを担当する『ムクウェゲ』予告編

本作は、いまも続くムクウェゲ医師の闘いをTBS「news23」のディレクターなどを務めてきた立山芽以子監督が取材したドキュメンタリー。2021年3月開催の「TBSドキュメンタリー映画祭」で上映されたバージョンから、音楽とナレーションを一新して劇場公開される。

常盤さんの「あなたには知ってほしい」というメッセージが込められた予告編では、コンゴで起きている武装勢力の利権争いや、いま起きている現実を伝えながら、コンゴで採掘される鉱物資源と先進国で使われるスマートフォンとの関係、ムクウェゲ医師の活動を追っていく。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.