くらし情報『「妖怪シェアハウス」続編&映画化決定! 小芝風花が里帰り、妖怪は邪悪化?』

2022年1月21日 05:00

「妖怪シェアハウス」続編&映画化決定! 小芝風花が里帰り、妖怪は邪悪化?

Photo by cinemacafe.net


小芝風花が連続ドラマ初出演を務めた、2020年7月期放送の「妖怪シェアハウス」が、4月クールに続編が放送決定。さらに6月には、映画が公開されることも発表された。

小芝さん演じる目黒澪が、ボロボロのどん底に陥っていたところを、シェアハウスで暮らす妖怪たちに拾われ、澪が直面するトラブルや悪い奴らを妖怪たちに助けられながら成敗し、成長していく姿を描いた異色のホラーコメディ「妖怪シェアハウス」。放送時には、お岩さん/四谷伊和役の松本まりか、酒呑童子/酒井涼役の毎熊克哉、座敷童子/和良部詩子役の池谷のぶえ、ぬらりひょん/沼田飛世役の大倉孝二ら妖怪たちの登場も話題に。

レギュラーキャストの続投も決定し、新たな妖怪伝説(!?)を紡ぐ今回。前作では、人の目を気にして悪目立ちすることを恐れていた澪が、自分の思うがまま自由に生きる妖怪たちと関わる中で、小説を書きたいという夢も見つけ、シェアハウスから羽ばたいていった…はずだった。しかし、現実は厳しく気持ちだけではそう上手くはいかず、続編「妖怪シェアハウスー帰ってきたん怪ー」では、生活するお金に困り果て、描きたい小説も書けない、ボロボロになった澪が、シェアハウスに里帰りし、再び妖怪たちと一緒に暮らすことに。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.