くらし情報『オリー・アレクサンダー、英で社会現象となったドラマ「IT’S A SIN」から「いい影響を得ることができた」』

2022年1月24日 19:00

オリー・アレクサンダー、英で社会現象となったドラマ「IT’S A SIN」から「いい影響を得ることができた」

Photo by cinemacafe.net


80年代のイギリスを舞台にHIV/エイズに翻弄されるゲイの若者たちの10年を描いた海外ドラマ「IT’S A SIN 哀しみの天使たち」。先日発表された英エンパイア誌、英ガーディアン紙それぞれが選ぶ“2021年テレビ作品”第1位となり、米ニューヨーク・タイムズが選ぶ“2021年テレビ作品ベスト10”にも選出されるなど高い評価を獲得している本作から、主演オリー・アレクサンダーが日本のためにオンラインで応じてくれた貴重なインタビューが初公開された。

まずは本作の舞台となる1980年代が、1990年生まれのオリーにとってどのような時代だったか問われると、「90年代から00年代前半に子ども時代を過ごした私個人的には、自分が体験できなかった時代ということもあり、80年代はスーパークール(=とってもかっこいい)だと思っていました。電子音楽やシンセサイザーなどぶっ飛んだ文化が主流でしたし、インターネットが普及する前、本格的なデジタル時代が始まる前ですから、そういった意味でもノスタルジーを感じますし、愛着を感じます」と80年代に対しての前向きな印象を語る。

オリー・アレクサンダー、英で社会現象となったドラマ「IT’S A SIN」から「いい影響を得ることができた」

「英国の80年代といえば、マーガレット・サッチャー(首相)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.