くらし情報『エマ・トンプソン、未来を辛口予測するドラマで過激な政治家に「彼女はモンスター」』

2022年1月27日 13:00

エマ・トンプソン、未来を辛口予測するドラマで過激な政治家に「彼女はモンスター」

Photo by cinemacafe.net


英国マンチェスターに住む、とある一般家庭の視点で2019年から2034年までの15年間の社会情勢をブラックユーモアたっぷりに風刺した海外ドラマ「2034 今そこにある未来」。本作で英首相役を演じたエマ・トンプソンと、本作のクリエイターで「ドクター・フー」「IT’S A SIN 哀しみの天使たち」を手掛けた脚本家ラッセル・T・デイヴィスのコメントが到着した。

「トランプ大統領二期目に再選」「IQスコアの低い国民から選挙権を剥奪する法案」など、英国流ブラックジョーク満載の過激な展開で世間を驚かせた本作。

エマ・トンプソン、未来を辛口予測するドラマで過激な政治家に「彼女はモンスター」

英国が正式にEU離脱する前の2019年5月に放送が始まると、金融破綻や異常気象、感染症の猛威、世界中の政情不安とそれに伴う難民の問題など、実際に起こりうると思わせる未来予測を交えつつ、社会情勢や政治がごく普通の市民にどんな影響を与えるかを辛辣に描き、米ワシントンポスト紙が「2019年最高傑作の1つ」と絶賛した一方、中国では放送禁止にもなった問題作だ。

「人々がなぜ彼女に投票しようと思うのか、その理由が伝わるようにしたかった」
エマ・トンプソン、未来を辛口予測するドラマで過激な政治家に「彼女はモンスター」

エマ・トンプソンが過激な発言を繰り返すトランプ前大統領を彷彿とさせる政治家ヴィヴィアン・ルックをコミカルに演じている点も見どころとなっている。


関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.