くらし情報『「となりのチカラ」第8話 長尾謙杜“託也”、祖母とのハグに涙…松本潤“チカラ”の長ゼリフシーンに「芝居も記憶力もハンパない」の声も』

2022年3月25日 00:15

「となりのチカラ」第8話 長尾謙杜“託也”、祖母とのハグに涙…松本潤“チカラ”の長ゼリフシーンに「芝居も記憶力もハンパない」の声も

Photo by cinemacafe.net


松本潤、上戸彩が夫婦役共演する「となりのチカラ」第8話が3月24日オンエア。長尾謙杜(なにわ男子)演じる託也と祖母・清江の家族が出した“答え”に涙する視聴者が続出。灯と娘・愛理、息子・高太郎らに語りかけるチカラの言葉にも感銘の声が送られている。

中途半端に他人の問題に関わり結果的に解決してきたが、今度は自分の家族の問題に思い悩むことになる中越チカラを松本さんが演じる本作。

共演にはチカラに“宿題”を出したまま実家に帰ってしまったチカラの妻・灯に上戸彩。実は灯が手を焼いていた小学6年生の娘・愛理に鎌田英怜奈。勉強はあまりできない小学4年生の息子・高太郎には大平洋介。

祖母の介護のため合格した大学への進学を諦めようとしている柏木託也に長尾謙杜(なにわ男子)。震災で両親を失った託也を育ててきたが認知症が進行する託也の祖母・柏木清江に風吹ジュン。小澤征悦、映美くらら、清水尋也、松嶋菜々子、ソニン、浅野和之、勝地涼夙川アトムといったキャスト。

「となりのチカラ」第8話 長尾謙杜“託也”、祖母とのハグに涙…松本潤“チカラ”の長ゼリフシーンに「芝居も記憶力もハンパない」の声も

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。

認知症が進む清江が「介護施設に入る」と言い出す。託也が介護のために大学進学を諦めようとしていることを知ってのことだが、託也は7歳の時から自分を育ててくれた清江を見捨てられないと思い悩む。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.