くらし情報『なだぎ&友近、ディラン&キャサリンに扮して“破局会見”』

2010年3月13日 14:44

なだぎ&友近、ディラン&キャサリンに扮して“破局会見”

(Photo:cinemacafe.net)

(Photo:cinemacafe.net)

お笑いユニット「ザ・プラン9」のなだぎ武とお笑いタレントの友近が3月12日(金)、NHKで行われた「新ビバリーヒルズ青春白書」の完成披露試写会に出席。破局報道後、初の公の場で2人による同ドラマのパロディネタ「ディラン&キャサリン」の継続を宣言した。

今月7日(日)に友近さんが生出演したラジオ番組で破局を報告したばかり。この日は2人でディラン&キャサリンとして登場し、冒頭、約1か月ぶりという同キャラのネタを披露。固い表情を浮かべるなど、ぎこちなさを感じさせた友近さんは、破局報道後、このネタはやりにくい?と聞かれると「やりにくいということは全然ない。ディラン&キャサリンは恐らく今後も別れずコントをしていくと思います。いま、決めました」とキッパリ。なだぎさんは「相談なしにいま、決めたそうだ」とディランの口調で笑顔で調子を合わせた。

2人がキャラに扮したまま“破局会見”が続く。恋人関係が復活することは?と問われ、友近さんが「変な感じ。破局という言葉をキャサリンが使いましたが、“円満破局”という言葉を作りたい」と円満な別離を強調。なだぎさんは「その通り。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.