くらし情報『『となりのトトロ』ロイヤル・シェイクスピア・カンパニーが舞台化 久石譲も参加』

2022年4月27日 16:05

『となりのトトロ』ロイヤル・シェイクスピア・カンパニーが舞台化 久石譲も参加

Photo by cinemacafe.net


宮崎駿監督のアニメーション映画『となりのトトロ』が、イギリスの名門演劇カンパニー「ロイヤル・シェイクスピア・カンパニー」(RSC)によって初めて舞台化されることが決定。この秋、ロンドンのバービカン劇場で上演される予定だ。

サツキとメイの姉妹が、森で出会った不思議ないきものトトロとの交流を描き、1988年に公開されたアニメーション映画『となりのトトロ』。今回の舞台化は、映画音楽を手掛けた久石譲が提案し、宮崎監督がこれを快諾したことで始まった。今作では、久石さんがエグゼクティブ・プロデューサーを務める。

以前から『となりのトトロ』の舞台化を熱望していたRSC。演出は「アクナーテン」でローレンス・オリヴィエ賞を受賞、数々のオペラ作品を手掛けてきたフェリム・マクダーモット。脚本は、書き下ろし作品「オッペンハイマー」でRSCが世に送り出した注目の若手脚本家トム・モートン=スミスが手掛ける。

舞台化にあたり久石さんは「日本にはミュージカルや舞台を好きな人が大勢います。ところが、日本発の世界中で上演されているオリジナル舞台作品、あるいはミュージカル作品がありません。『となりのトトロ』は世界中の人が知っている日本の作品です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.