くらし情報『堀北真希、15歳の天才歌姫に「久々に会ったら背が伸びて…」としみじみ』

2010年3月25日 22:49

堀北真希、15歳の天才歌姫に「久々に会ったら背が伸びて…」としみじみ

間もなく公開となる『誰かが私にキスをした』の試写会が3月24日(水)に開催され、主演の堀北真希とハンス・カノーザ監督が上映前の舞台挨拶に登壇。加えて、本作の主題歌を歌うKylee(カイリー)が観客の前で生ライヴを行い、会場は大きな盛り上がりを見せた。

アメリカンスクールを舞台に、過去4年間の記憶を失くした少女と、3人の男たちが織りなすドラマを描いた本作。この日の会場には実際に撮影で使用されたアメリカンスクールに通い、撮影にも参加した学生たちも招待された。堀北さんは撮影について「アメリカンスクールを訪れるのは初めてでしたが、リアルな空気が伝わってきてお芝居しやすかったです。自分がいままで想像していた学校の校舎とは違っていて、自分の教室というものがなくて、みんなロッカーを使ったりとか新鮮でした」とふり返った。

監督はそんな堀北さんを絶賛。「彼女のことは“スーパーマキ”ってあだ名で呼んでいたんだ。ワイヤースタントで飛んでいくシーンもあったけど、こちらの要求に全て応えてくれて、まさにスーパーマキだったよ」とのことだが、堀北さんは「“スーパーマキ”って言われたからには何でもやらなきゃ!という気持ちでした…」

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.