くらし情報『【沖縄国際映画祭】盛況を数字で検証&総括! 来年は伊東美咲、ウッチーも来場?』

2010年4月1日 00:14

【沖縄国際映画祭】盛況を数字で検証&総括! 来年は伊東美咲、ウッチーも来場?

(Photo:cinemacafe.net)

(Photo:cinemacafe.net)

沖縄・宜野湾市の沖縄コンベンションセンターほかを会場に、世界に通じるテーマ“Laugh&Peace”を伝える作品を上映し3月28日(日)に閉幕した第2回沖縄国際映画祭。第1回を上回る大盛況ぶりを、同映画祭の実行委員会(吉本興業ほか)が発表した数字からふり返った。

会期は昨年の4日間からプレイベント期間も含めて9日間と2倍以上に延び、延べ来場者数は11万人から38万人と約3.5倍に。1日あたりの来場者数は2万7,500人から4万2,000人。主催の中心、吉本興業の目標だった「30〜50万人」を達成し、映画祭の認知度を広めて集客に成功した形だ。

上映作品は国内外の新作、吉本所属のタレントの監督作を合わせて94本。そのうち賞の対象になる長編プログラム作品には150本の応募から選出した26本を上映した。昨年は賞を争うコンペティション部門に80本の応募があり8作品を選出。優れた作品の上映、もしくは新しい才能の発掘などの映画祭の機能も強化された。

レッドカーペット・イベントで歩いたゲストは昨年の90人から194人と倍増。逆にカーペットの長さは250メートルから150メートルになった。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.