くらし情報『ティム・バートン監督インタビュー 数あるヘンテコキャラの中で最も共感したのは?』

2010年4月9日 16:43

ティム・バートン監督インタビュー 数あるヘンテコキャラの中で最も共感したのは?

(Photo:cinemacafe.net)

(Photo:cinemacafe.net)

19歳のアリスが白うさぎを追いかけ、穴に落ちた先に広がっていたのは、ニヤニヤと笑うチェシャ猫が姿を現しては消え、青い芋虫が哲学的な問いを投げかけてくる“不思議の国”だった――。ジョニー・デップティム・バートンによる7度目のコラボレーションで話題の『アリス・イン・ワンダーランド』は、名作小説「不思議の国のアリス」に着想を得たファンタジー。幼い頃、アンダーランドと呼ばれる不思議の国を旅したアリスが再び同地に舞い戻り、住民たちの運命を賭けた戦いに巻き込まれていく…。この中でジョニーが演じているのは、ヒロインのアリスを導き、時には身を挺して守る謎の帽子屋・マッドハッター。来日したティム・バートン監督に直撃したところ、彼は企画の初期段階からマッドハッターをジョニーに演じてほしいと考えていたそうだ。

「マッドハッター役には最初からジョニーを想定していた。原作小説のマッドハッターは単なる奇妙なキャラクターとして描かれているけれど、今回の映画ではマッドハッターというキャラクターに奥行きを与えたかったんだ。可笑しさ、面白さ、怒り、哀しみといった人間らしい要素をもたらすのに、ジョニーほどぴったりの俳優はいない。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.