くらし情報『溝端淳平 鳥越俊太郎に触発され「チャリティ伝えるのも俳優の使命」』

2010年9月8日 21:51

溝端淳平 鳥越俊太郎に触発され「チャリティ伝えるのも俳優の使命」

(Photo:cinemacafe.net)

(Photo:cinemacafe.net)

映画『君が踊る、夏』(香月秀之監督)のがん克服をテーマにしたチャリティ・トークイベントが9月8日(水)、東京・銀座の東映本社で行われ、主演の溝端淳平、共演の子役・大森絢音、ジャーナリストの鳥越俊太郎が出席した。

実話を基に、東京から故郷の高知に一時帰京した青年・新平(溝端さん)が、元恋人の妹で小児がんを発病しながら「よさこいを一緒に踊りたい」と願う少女・さくら(大森さん)の思いに応えるため、よさこい踊りに情熱をぶつける姿を描く物語。

テーマにちなみイベントは、財団法人「がんの子供を守る会」とコラボレーションしたもの。2005年からがんとの闘病歴を持つ鳥越さんは、「4回もがんの手術をして依然、元気でいるので、『ぜひ観てください』とお誘いがあり、喜んで観た」と挨拶し、午後5時半過ぎからのイベントと、自身がテレビ朝日系の朝の情報番組「スーパーモーニング」のレギュラーを務めていることを引き合いに「朝が早いので普段、大体寝ようかな?って時間帯で夕方は仕事を入れないようにしていますが、今日は特別。命に関わる内容ですから、私が来ないとダメだろうと思い、来させていただいた」

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.