くらし情報『山下智久“晴原”を救った平岩紙“上野”の窮地に「放心状態」「言葉を失う」の声…「ブルーモーメント」7話』

山下智久“晴原”を救った平岩紙“上野”の窮地に「放心状態」「言葉を失う」の声…「ブルーモーメント」7話

Photo by cinemacafe.net


山下智久が気象学の天才を演じる「ブルーモーメント」の7話が、6月5日に放送。晴原を救った上野が絶体絶命の状況に陥る展開に「放心状態」「言葉を失う」などの声が上がっている。


山下智久“晴原”を救った平岩紙“上野”の窮地に「放心状態」「言葉を失う」の声…「ブルーモーメント」7話

山下智久が主演を務める本作は、気象学の天才が冷静な分析で命を救う物語。SDMの気象班チーフ・晴原柑九朗を山下智久、助手の雲田彩を出口夏希、晴原の婚約者で豪雨災害で他界した研究官の園部灯を本田翼、灯の父親で特命担当大臣の園部肇一を舘ひろし、晴原の上司・上野香澄を平岩紙、ドライバー兼料理担当の丸山ひかるを仁村紗和、灯の従兄弟で消防班チーフの園部優吾を水上恒司、医療班チーフの汐見早霧を夏帆が演じている。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。

突然、上野(平岩紙)から自分が灯の命を奪ったと告げられた晴原(山下智久)。実は上野は5年前の関東南部豪雨の時、園部灯(本田翼)と一緒におり、灯の指示通りに行動した人たちは皆助かったと打ち明ける。そして、なぜ灯が危険を冒してその場を離れたのかに話が及んだとき、指揮車両にアラートが鳴り響く。

山下智久“晴原”を救った平岩紙“上野”の窮地に「放心状態」「言葉を失う」の声…「ブルーモーメント」7話

海上竜巻に巻き込まれた気象観測船と漁船による接触事故が発生。
船員は全員無事だったが、観測船は多量の水蒸気を観測していた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.