くらし情報『98歳のディック・ヴァン・ダイク、史上最高齢のデイタイム・エミー賞受賞者に』

98歳のディック・ヴァン・ダイク、史上最高齢のデイタイム・エミー賞受賞者に

Photo by cinemacafe.net


第51回デイタイム・エミー賞授賞式が7日と8日(現地時間)の2日にわたって開催された。

アメリカで50年以上放送されている長寿ドラマで、エミー賞の常連「ジェネラル・ホスピタル」が作品賞、監督賞、脚本賞、助演男優賞の最多4冠。監督賞の受賞の際に、ドラマのチームは先月窃盗犯に殺害されたかつてのレギュラーキャスト、ジョニー・ワクターを追悼した。

今回の授賞式では、『メリー・ポピンズ』のバート/ミスター・ドース・シニア役で知られるディック・ヴァン・ダイク(98)が、デイタイム・エミー賞史上最高齢の受賞者になるという新記録を達成した。ディックが受賞したのは、ドラマ部門のゲスト賞(「Days of Our Lives(原題)」)だった。

ディックは受賞スピーチで、「ありがとう。信じられません。なんだかナイトタイムのテレビのスパイになったような気分です。
史上最高齢の候補者になるとはね。これまでの人生、ずっと老人を演じてきました。こんなに長生きするとわかっていたら、もっと自分を労わればよかった!」とジョークを交えて喜びを語った。

98歳のディック・ヴァン・ダイク、史上最高齢のデイタイム・エミー賞受賞者に
ディック・ヴァン・ダイク Photo by Alberto E. Rodriguez/Getty Images
ディックはこれまでプライムタイム・エミー賞の常連で、自身の主演シットコム「The Dick Van Dyke Show」などで4度の受賞歴がある。

(賀来比呂美)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.