くらし情報『エリザベス・モス「最高の脚本の1つ」『Shirley シャーリイ』で挑んだ現実と虚構』

エリザベス・モス「最高の脚本の1つ」『Shirley シャーリイ』で挑んだ現実と虚構

Photo by cinemacafe.net


スティーヴン・キングも影響も受けたといわれるゴシック作家シャーリイ・ジャクスンの伝記に、現代的で斬新な解釈を加えて練り上げられた映画『Shirley シャーリイ』から、主演エリザベス・モスのインタビューがシネマカフェに到着した。

本作は、実際のシャーリイ・ジャクスンの小説だけでなく、配偶者で文芸評論家でもあったスタンリーとの数百通の手紙を基に製作された心理サスペンス。

「半分はシャーリイ・ジャクスンが小説で書いていたような<誰か>」

エミー賞を受賞したHuluのドラマシリーズ「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」(シーズン5まで放送)に出演、エグゼクティブプロデューサーとしても同賞のドラマ部門作品賞を受賞したほか、映画『透明人間』『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』や、ジェーン・カンピオンが監督を務め高評価を得たミニシリーズ「トップ・オブ・ザ・レイク ~消えた少女~」など、存在感のある演技で観客を魅了し続けるエリザベス・モス。


エリザベス・モス「最高の脚本の1つ」『Shirley シャーリイ』で挑んだ現実と虚構

本作で、日常と非日常の間に存在するような、不思議な存在感を放つ作家シャーリイを演じた彼女は、本作の脚本を「私が今まで読んできた中で最高の脚本の1つ」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.