くらし情報『『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ、監督ルカ・グァダニーノには「明確なビジョンがあった」』

『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ、監督ルカ・グァダニーノには「明確なビジョンがあった」

Photo by cinemacafe.net


ゼンデイヤ、ジョシュ・オコナー、マイク・フェイストが共演した『チャレンジャーズ』がついに日本公開。「年間ベスト」「最高」などの声がSNSに上がるなか、ゼンデイヤらキャスト、プロデューサーがルカ・グァダニーノ監督に絶賛を贈る特別映像が解禁となった。

早くも映画館に足を運んだ観客からは、「3人の欲望のラリーから目が離せない!最高最強。もう一回観たい」「余裕で年間ベスト」「ラスト20分で世界一面白い映画になった。グァダニーノ、お前の勝ちだ。」「終盤10分とラストシーンで全て持ってかれた快作でした」など、SNS上で熱量の高いコメントが続出。

「劇半最高!!」「心理描写やカメラワークがテクノにマッチしていて最高」「テクノがスパイスになって、力強く感情的なシーンが盛り上がっていた」とトレント・レズナー、アッティカス・ロスによる、こだわりの音楽について絶賛するコメントも相次いでいる。


『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ、監督ルカ・グァダニーノには「明確なビジョンがあった」

さらに観客を引き込むクライマックスシーンの圧巻のカメラワークについても、「テニスの対戦シーンのカメラワーク、手に汗握る大胆な演出の連続で目が離せなかった」「臨場感がすごくてテニスのボールがこっちに向かって飛んでくるかと思った」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.