くらし情報『松下洸平「後に自覚する方がドラマチック」まひろに抱く“恋心”の演出明かす…大河「光る君へ」』

松下洸平「後に自覚する方がドラマチック」まひろに抱く“恋心”の演出明かす…大河「光る君へ」

Photo by cinemacafe.net


吉高由里子主演で現在放送中の大河ドラマ「光る君へ」より、周明役・松下洸平のコメントが到着した。

吉高さん演じるまひろ(紫式部)の人生を描く本作。周明は、越前にやってきた宋の見習い医師で、まひろと親しくなっていくが、どこか謎めいたところがある男だ。


松下洸平「後に自覚する方がドラマチック」まひろに抱く“恋心”の演出明かす…大河「光る君へ」

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。

まひろに宋のことばを教える周明。松下さんは「自分の知らない世界に大きな好奇心を持ちながら、型にはまらない生き方を望むたくましい女性」とまひろの印象を語り、「まひろのどこか軽やかさのある人柄や宋の言葉を積極的に学ぼうとする姿勢に、周明の心には少なからず特別な感情が芽生えていたと思います」と推測。

松下洸平「後に自覚する方がドラマチック」まひろに抱く“恋心”の演出明かす…大河「光る君へ」

しかし、まひろを利用しようする周明。「目的を果たすために、まひろを利用しようと企んで接近したことは確かです。けれども彼女に近づけば近づくほど、『今までの人生にこういう人と出会っていたら、自分の人生は変わっていたかもしれないな』という気持ちを抱くほどに心の変化がありました。彼は日本にいたときも宋で働いていたときもあまり心を開かなかったと思いますし、ずっと孤独だったはず。
そんながちがちに固まっていた自分の心をまひろの笑顔が少しほぐしてくれたような気がします。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.