くらし情報『『インサイド・ヘッド2』、『バービー』以来の大ヒット発進!海外公開拡大でさらなる興収に期待』

『インサイド・ヘッド2』、『バービー』以来の大ヒット発進!海外公開拡大でさらなる興収に期待

Photo by cinemacafe.net


先週末、北米などで封切りを迎えた『インサイド・ヘッド2』が絶好調だ。1億5500万ドルの北米オープニング週末興行収入を稼ぎ出し、過去18か月間で2023年7月公開の『バービー』に次ぐ記録を打ち立てた。(『バービー』は1億6200万ドル)。

北米では、2位は先週トップだった『バッドボーイズ RIDE OR DIE』、3位は『猿の惑星/キングダム』だった。

海外オープニング週末興行収入は1億4000万ドル。まだ38か国(または地域)でしか公開されておらず、今後フランス、イタリア、中国、スペイン、ブラジル、そして日本(8月1日)などの大きなマーケットで公開が始まり、さらなる興収が見込まれる。

上記を合計した世界興収は2億9500万ドルで、「Deadline」によると、現在の為替レートを使用し、同一条件で換算すると歴代アニメ史上最高のオープニング興収記録を持つ『ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー』を超えているとのこと。

前作より9年ぶりに製作された『インサイド・ヘッド2』。
前作で11歳だった主人公の少女ライリーが、今作ではティーンエイジャーに。彼女を見守ってきた頭の中の感情ヨロコビたち以外にも、シンパイなどの新たな感情(キャラクター)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.