くらし情報『宇垣美里、フリー転身1年目の今年は「おもちゃ箱のような1年だった」』

2019年12月14日 18:15

宇垣美里、フリー転身1年目の今年は「おもちゃ箱のような1年だった」

宇垣美里、フリー転身1年目の今年は「おもちゃ箱のような1年だった」

元TBSアナウンサーの宇垣美里が14日、東京・新宿の福家書店 新宿サブナード店でカレンダー『宇垣美里 2020年カレンダー』(発売中 各2,700円税抜 発売元:トライエックス)の発売記念イベントを行った。

今年3月にTBSを退職し、4月からフリーとして活動している宇垣美里が、初めてのカレンダーを発売。今年9月に千葉で撮影されたという同カレンダーは、B2サイズ8枚物の壁掛けタイプで、宇垣の魅力が詰まったカレンダーとなっている。

宇垣は「これだけの大きさで私の顔を見ることはなかなかないので、うれしさと恥ずかしさがあります」と照れ笑いを浮かべつつ、「色んな表情や服装をしているので、皆さんがお持ちの私のイメージとは違った一面を見てもらえると思います。それと何度かお仕事をしたカメラマンさんやメイクさんとご一緒できたので、楽しく撮影できました。素で楽しんでいる姿も出ているんじゃないかなと思います」とアピールした。

お気に入りは「赤いワンピースを着用したカット」といい、「淡い色が好きなんですけど、赤い服を着て色んな表情が撮れたので、締めくくりに一番良い写真だと思います」と理由を説明。飾って欲しい場所については「私は割と心が強めなので、鬼門に貼っていただくと良いんじゃないですか?(笑)」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.