くらし情報『千原ジュニア×竹若元博、同期が語り合う若手時代と互いの魅力』

2020年1月8日 10:00

千原ジュニア×竹若元博、同期が語り合う若手時代と互いの魅力

千原ジュニア×竹若元博、同期が語り合う若手時代と互いの魅力

●2人が出会ったのは「道がなかった時代」
NSC(吉本総合芸能学院)の同期で、2019年にともにデビュー30周年を迎えた千原ジュニア(千原兄弟)と竹若元博(バッファロー吾郎)。2人は、2014年にスタートした“即興”をテーマに1人喋りショーとコントショーの2部構成で届けるエンタテインメントショー「THE EMPTY STAGE」の中心メンバーとしても活躍している。30年にわたってお笑いの道を追求してきた2人に、出会った当時から現在に至るまで、そして舞台に対する思いを語り合ってもらった。

――お二人はNSCの同期ですが、第一印象は覚えていますか?

千原ジュニア:第一印象ねえ…いつやろ? クラス別やったんな?

竹若元博:うん。ジュニアは変則的な入り方をしているんでね。

ジュニア:そうそう。AとBみたいに分かれていて、たぶんバッファローがAやったら、うちはBやったんですよ。みんな4月から入っていて、俺は6月くらいから途中で入って、夏くらいに人数が減ってきてAとBが一緒になるみたいなときに初めて会うたと思いますね。俺が15歳。

竹若:なんとなく、Aクラスの噂とか、Bクラスの噂みたいのを、好きな奴が言っていた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.