くらし情報『岡田将生×志尊淳、心霊探偵バディに! 『さんかく窓の外側は夜』映画化』

2020年1月13日 07:00

岡田将生×志尊淳、心霊探偵バディに! 『さんかく窓の外側は夜』映画化

岡田将生×志尊淳、心霊探偵バディに! 『さんかく窓の外側は夜』映画化

俳優の岡田将生と志尊淳が、映画『さんかく窓の外側は夜』(2020年公開)でW主演を務めることが13日、明らかになった。

同作は、ヤマシタトモコによるミステリーホラー作品の実写化で、ワタナベエンターテインメントと松竹がタッグを組み、共同で企画開発そして製作する、ワタナベエンタ×松竹による共同制作プロジェクト第1弾となる。霊を祓うことができる男=冷川理人(ひやかわ・りひと)と、霊を視ることができる男=三角康介(みかど・こうすけ)が心霊探偵バディを組み、刑事・半澤に依頼され、ある不可解な連続殺人事件の謎を追うことになる。

監督は、CMディレクターとして、グラブル、資生堂、ソフトバンク、日清カップヌードル、JRA、ENEOS等数々のCMを手掛け、国内外の広告賞を受賞、初の長編映画『おじいちゃん、死んじゃったって。』でも高い評価を得た森ガキ侑大が務める。脚本は、ドラマ『鹿男あをによし』(08年)、『鍵のかかった部屋』(12年)や映画『重力ピエロ』(09年)、『プリンセストヨトミ』(11年)、『本能寺ホテル』(17年)など、数多くの話題作を手掛けてきた相沢友子。

冷川役の岡田は「運命の出会いですよ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.