くらし情報『『映画秘宝』休刊号、2019年ベスト&トホホ10発表! 『ジョーカー』は2位』

2020年1月21日 12:00

『映画秘宝』休刊号、2019年ベスト&トホホ10発表! 『ジョーカー』は2位

『映画秘宝』休刊号、2019年ベスト&トホホ10発表! 『ジョーカー』は2位

25周年記念号にして休刊号となる映画雑誌『映画秘宝』2020年3月号(洋泉社・1月21日発売)で、「2019年度の年間映画ベスト&トホホ10」が発表される。

「ベスト&トホホ10」は、同誌が年に一度実施している名物企画で、その年のベスト映画とワーストを意味する“トホホ”な映画を選ぶというもの。休刊号となる今回は、俳優・斎藤工、女優・のん、映画評論家・町山智浩、RHYMESTER・宇多丸ら、総勢175名が投票に参加した。

秘宝ライター、読者共に1位に輝き、完全優勝を果たしたのは、レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットが共演し、クエンティン・タランティーノ監督が手掛けた『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』に決定。2位以降は、『ジョーカー』、『スパイダーマン:スパイダーバース』、『アベンジャーズ/エンドゲーム』、『アイリッシュマン』が続いた。

また、ベスト10で2位、トホホ10で3位と評価が分かれた『ジョーカー』でアーサー・フレックを怪演したホアキン・フェニックスが「2019年度ベスト・ガイ」で1位に。一方、トホホ10の2位という不名誉な結果となった『ターミネーター:ニュー・フェイト』だが、同作で2042年の未来から送り込まれてきた兵士・グレースを演じたマッケンジー・デイヴィスが「2019年度ベスト・ガール」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.