くらし情報『のん、実写映画6年ぶり出演で「気合が入っていました!」』

2020年1月28日 11:30

のん、実写映画6年ぶり出演で「気合が入っていました!」

のん、実写映画6年ぶり出演で「気合が入っていました!」

3月6日公開の映画『星屑の町』の完成披露上映会が27日、都内で行われ、ヒロインを務めたのんが、ラサール石井、小宮孝泰、渡辺哲、でんでん、有薗芳記、菅原大吉、杉山泰一監督とともに登壇した。

1994年から25年にわたって愛され続けた舞台『星屑の町』シリーズ(全7作)が、メインメンバーは変えず、ヒロインにのんを迎えて映画化。歌手を夢見る田舎娘の愛(のん)が、売れないコーラスグループに加入することになり、大ブレイクをするまでの姿を描く。

実写映画は実に6年ぶりとなるのん。1994年から演じてきたキャストたちに囲まれてのヒロイン役に「めちゃくちゃ緊張しましたね。でも現場に行って待ち時間とか皆さんがお話されているのを見ているとすごく面白くて、私はお話を聞いていて楽しんでいました」と現場は和やかな雰囲気だったそうだが、6年ぶりの実写映画ということで「本当に頑張らなきゃと気合が入っていました」と覚悟を持って撮影に臨んだという。「すごく刺激的ですごい方々の中に入らなくてはいけなかったので緊張しましたが、すごく現場にいれて幸せでした」と撮影を振り返った。

ラサール石井は「素晴らしかったですよ。のんちゃんの映画になっていて、我々は脇を固めているだけ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.