くらし情報『千葉雄大・成田凌・鈴木拡樹・井浦新、「自分が犯人」主張! プレゼンの行方は』

2020年1月29日 20:09

千葉雄大・成田凌・鈴木拡樹・井浦新、「自分が犯人」主張! プレゼンの行方は

千葉雄大・成田凌・鈴木拡樹・井浦新、「自分が犯人」主張! プレゼンの行方は

映画『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』(2月21日公開)の完成披露試写会が29日に都内で行われ、千葉雄大、白石麻衣、成田凌、鈴木拡樹、井浦新、中田秀夫監督が登場した。

同作は、志駕晃のデビュー作で、北川景子主演による実写映画(18)が興行収入19.6億円を超える大ヒットを記録した『スマホを落としただけなのに』のシリーズ第2弾『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』を実写化。前作の連続殺人事件が幕を閉じてから数カ月後、同じ事件現場から新たな身元不明の死体が発見され、真相を探るため刑事・加賀谷(千葉)は、かつて自分が逮捕した連続殺人鬼・浦野(成田凌)のもとへ行く。

主演の千葉が「まさかの、という感じでびっくりしましたし、前作に続いて監督・キャストと新たな作品を作れるんだという喜びがありました。キャストにも白石さん、鈴木さん、井浦さん、素敵なメンバーで……」と挨拶を始めると、会場はざわざわ。名前を呼ばれなかった成田に、千葉は「違う、この人は前にやってるからさ」と苦笑し、「新しいキャストのみなさんともお芝居できて嬉しく思いました」と振り返った。

今作では新たな犯人・Mが登場するということで、イベントでは男性キャストが「自分こそが犯人だ」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.