くらし情報『『翔んで埼玉』若松P、埼玉県民に感謝 公開前は「恐怖に近い不安」』

2020年2月6日 18:48

『翔んで埼玉』若松P、埼玉県民に感謝 公開前は「恐怖に近い不安」

『翔んで埼玉』若松P、埼玉県民に感謝 公開前は「恐怖に近い不安」

映画『翔んで埼玉』プロデューサーのフジテレビ・若松央樹氏とFILM・古郡真也氏が、1年を通して優秀な活躍をした俳優や映画・ドラマ等を表彰する「2020年第44回エランドール賞」のプロデューサー賞を受賞し6日、都内ホテルで行われた授賞式に出席した。

あいさつに立った若松氏は「まずは、寛大な心で見ていただいた埼玉県の皆さまに感謝したいと思います。思い起こせば、公開するまで不安で不安で、すごい騒ぎになるんじゃないかというか、どちらかと言うと恐怖に近い不安がありました。でも、そんなときに埼玉県出身のキャストの方が『全然大丈夫だよ』と言っていただいたのがありがたかったのを思い出します」と回想。

また、「公開後には、埼玉県だけで全国シェアの4分の1になる動員数がありまして、その後に賞もいただきまして、今回私がこんな素晴らしい賞をもらうなんて、まさに天国から地獄の逆を行ってるような感じです」と心境を語った。

そして、今月9日にフジテレビ系で『翔んで埼玉』が地上波初放送されることを告知し、「この場を借りて再度、埼玉県の皆さまに『申し訳ございません』。また、寛大な心で見守っていただければ」とアピールした。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.