くらし情報『中川大志のアフレコに山寺宏一が太鼓判「声優をやったらいくらでも活躍できる」』

2020年2月18日 19:30

中川大志のアフレコに山寺宏一が太鼓判「声優をやったらいくらでも活躍できる」

中川大志のアフレコに山寺宏一が太鼓判「声優をやったらいくらでも活躍できる」

セガの人気ゲーム「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」の実写版映画『ソニック・ザ・ムービー』(3月27日公開)の公開アフレコイベントが18日、都内で開催され、日本語吹替版声優を務める中川大志と山寺宏一が登壇した。朝のバラエティ番組『おはスタ』(テレビ東京)で共演経験のある2人。山寺は、ソニック役を演じた中川を「素晴らしい」と大絶賛した。

悪の天才科学者ドクター・ロボトニック役を演じた山寺は、中川のアフレコについて「素晴らしいです。本当に“大志(たいし)”たもんだと思いました」とダジャレで褒め称える。これは『おはスタ』の「たいしのたいしたもんだ!」のコーナー名にかけたそうだが、山寺は「ただのオヤジギャグだと思われた」と苦笑いしながら「本当に、彼はソニック以上のスピードで進化してると思うくらい、どんどん役者として成長していった」と感心しきりだった。

山寺を「恩師」「お父さん」のような存在だと語る中川は「涙出てきた。うれしいです。ドキドキしましたが。山寺さんは、昔から見守ってくださっていて、近くにいてくださったからこそ、こうして一緒にやらせていただけたことは、緊張感もありましたが、うれしかったです」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.