くらし情報『城南海、実写『ムーラン』日本版主題歌に抜てき「夢が叶った」』

2020年3月12日 07:05

城南海、実写『ムーラン』日本版主題歌に抜てき「夢が叶った」

城南海、実写『ムーラン』日本版主題歌に抜てき「夢が叶った」

歌手の城南海(きずき・みなみ)が、ディズニー実写映画『ムーラン』(5月22日公開)の日本版主題歌「リフレクション」を歌うアーティストに決定した。奄美民謡「シマ唄」をルーツに持つ城は、鹿児島県奄美大島出身の30歳。NHK大河ドラマ『西郷どん』(2018)の劇中歌と大河紀行テーマをはじめ、これまで数々のドラマ主題歌や、舞台で圧巻の歌声を披露してきたが、洋画の主題歌を担当するのは今回が初めてとなる。

ディズニー映画の主題歌に抜てきされ「夢が叶って本当にうれしかった!」という城は、「ふるさとから出てきて、東京に住んで十数年。なかなか自分らしくいられない時や、本当の自分ってなんだろう、と考えることがすごくあった。そんな自分と歌詞を重ね合わせながら、ムーランの姿も重ねて歌いました」と主題歌「リフレクション」の歌詞に共感し、思いを込めて歌ったという。

「リフレクション」は1998年公開のアニメーション版『ムーラン』の主題歌としてクリスティーナ・アギレラが歌唱し、当時から根強いファンを持つ名曲。「自分らしくありたい」と思う一方で、愛する家族や故郷のために自分を男と偽り、国の命運をかけた戦いへ出ることを決意するムーランの心情と葛藤を歌い上げる、切なくも壮大なバラードだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.